利用規約およびプライバシーポリシーに同意して

購入を続ける

ログインして視聴または購入

【3/6(日)LIVE配信】クラシカエール第5弾 旅するエール ~Play for the Blue Ocean~

0
 利用規約およびプライバシーポリシーに同意して

購入を続ける

ログインして視聴または購入

団体・演奏者: エール管弦楽団 鰺坂圭司 橋森ゆう希 川上智子 中村卓哉 高倉葉太 天狗連 礒田隆嗣



 クラシカエール第5弾 旅するエール ~Play for the Blue Ocean~


クラシック×異色コラボのソーシャル・エンターテインメント!
沖縄、ノルウェー、フランス、ロシア、チェコ
世界の海へ旅をしたかのような体験へ!

■日時・会場
2022年3月6日(日)
開演:17時15分
配信開始:17時00分~(準備ができ次第、配信が開始されます)

会場:ミューザ川崎シンフォニーホール

■プログラム

第 1 部

AIVA作曲 AI OKINAWA ~「沖縄」との出逢い
旅の始まりは沖縄。Forbes 30 Under 30 で大谷翔平と並んで選ばれた(株)イノカの高倉社長がサンゴ礁の魅力を解説。沖縄の美しい海中映像とともに、人工知能AIVAが沖縄民謡を学習した新曲を世界初披露。AIVAが感じた沖縄とは?!

スメタナ作曲 連作交響詩「我が祖国」より モルダウ
チェコ音楽の父とされるスメタナがオーストリアの支配下にあった祖国への愛情と風景を描いた物語。難聴と闘った作曲家といえばベートーヴェンが有名だが、スメタナも50才で耳が聞こえなくなり、モルダウの初演を聴くことはできなかった。水中カメラマン中村卓哉氏が撮影した水中の絶景映像と拡張現実(AR)にも注目。

グリーグ作曲 二つの悲しき旋律より 春
ノルウェーの作曲家、グリーグの歌曲を基にした弦楽合奏曲。春の息吹に切なさを感じる年老いた主人公。幼少期の輝きを象徴するフォトコンテスト「旅するシーフード」の優秀作品とともに、美しい旋律を届ける。

ドビュッシー作曲 シランクス
ギリシャ神話の中に登場する美しい精霊、シランクスから連想したフルートの独奏曲。牧神パンはシランクスを追いかけたが、川の妖精の助けでシランクスは葦の茂みに隠れる。パンは捕まえようとしたが、手には葦ばかり。パンはその葦で笛を作り、シランクスと名付けた。フランスの作曲家ドビュッシーのとらえどころのないメロディーと日本の阿波おどりとの異色のコラボが実現。

ボロディン:オペラ「イーゴリ公」より だったん人の踊り feat. 阿波おどり
ロシアのを代表する作曲家ボロディンのオペラ曲。しかし、このオペラ、実は完成しなかった。なぜなら、ボロディンの本業は化学者で、日曜大工ならぬ日曜作曲家だったからだ。作品は死後に後輩の作曲家が完成させた。タイトルのイーゴリ公はキエフ公国の君主。遊牧民族のだったん人に攻め入るも捕虜となったが、彼に一目置く敵将がもてなすために踊りを披露した。会場全体が阿波おどりの輪に巻き込まれる。


第 2 部

ドヴォルザーク作曲 交響曲第8番ト長調
チェコを代表する作曲家ドヴォルザークが2ヶ月あまりで完成させた交響曲。曲全体を通して祖国の田園風景を感じさせる美しいメロディーが満載。憂いに満ちたチェロの音色が素敵な1楽章、胸に迫る感情を込めた2楽章、切なくロマンティックな3楽章、とにかくカッコいい4楽章・・・インタラクティブ映像との共演にも注目。

【クラシカエール】公式サイトはこちら

ログイン、もしくは会員登録いただくと、コメントできます。

もっとみる