アイザワノーツの曲ヨロ研究所


アイザワノーツのセミナー配信・アーカイブを、購入・視聴することができます。

INTRODUCTION

 「曲ヨロ」とは、相澤直人による造語で「曲が喜ぶ演奏」を指します。


 身体を楽器とする声楽の分野、とりわけ合唱音楽において、演奏者の身体的充足を満たすための演奏が多いように見受けられます。ある種の自己満足に終始せず、曲本来のあるべき姿を表現することは、聴衆の共感を呼び感動を生むことでしょう。


 アイザワノーツでは、曲がどうあるべきか、どう奏されるべきかを捉えた演奏(=曲が喜ぶ演奏)を追求したいという思いのもと、歌い手の目線から発声の技術を中心に語られることの多かった合唱音楽について、作曲家・指揮者・ピアニストからの発信を増やしていきたいと考えております。行間までを捉える楽譜の理解、そしてその表現に至るまでの技術や精神を全力でシェアし、音楽と音楽人生の充実をお約束する「曲ヨロ研究所」のセミナーラインナップにご期待ください。


【AizawaNotes】公式ページはこちら

INTRODUCTION

 「曲ヨロ」とは、相澤直人による造語で「曲が喜ぶ演奏」を指します。


 身体を楽器とする声楽の分野、とりわけ合唱音楽において、演奏者の身体的充足を満たすための演奏が多いように見受けられます。ある種の自己満足に終始せず、曲本来のあるべき姿を表現することは、聴衆の共感を呼び感動を生むことでしょう。


 アイザワノーツでは、曲がどうあるべきか、どう奏されるべきかを捉えた演奏(=曲が喜ぶ演奏)を追求したいという思いのもと、歌い手の目線から発声の技術を中心に語られることの多かった合唱音楽について、作曲家・指揮者・ピアニストからの発信を増やしていきたいと考えております。行間までを捉える楽譜の理解、そしてその表現に至るまでの技術や精神を全力でシェアし、音楽と音楽人生の充実をお約束する「曲ヨロ研究所」のセミナーラインナップにご期待ください。

ログイン、もしくは会員登録いただくと、コメントできます。

もっとみる